ライバルに良い刺激を受けながら受験勉強に臨むことができる

通学制の医学部の予備校には、自分と同程度の学力の受験生が多く集まるため、ライバルに良い刺激を受けながら受験勉強に励むことができるというメリットがあります。予備校によっては、受講生の間で競争意識が芽生えるように、模擬試験の結果をもとにクラスを決めたり、成績が良い受講生を対象に返済不要の奨学金を支給したりしているところもあります。集団指導の形式を採用している通学制の医学部の予備校は、個別指導と比べると授業料金が安いこともあり、費用の心配をせずに受験対策を立てることが可能です。なお、自分の性格に合う予備校を見極めたい場合には、無料で体験授業に参加できるところや、入会の相談ができるところを探してみましょう。

難関大学から中堅大学まで志望校に特化した予備校がおすすめ

様々な通学制の医学部の予備校の中でも、難関大学から中堅大学まで、一人ひとりの受講生の志望校に特化したコースを設けているところは、医学部への入学を希望する多くの受験生の間で関心が集まっています。こうした予備校においては、授業の前後や休憩時間中に他の受講生と受験に関する情報交換をしたり、各科目の人気講師の授業を対面で受けられたりと様々なメリットがあります。最近では、受講生に試験に向けてやる気を出させる目的で、夏期講習や冬期講習だけでなく、数日から一週間程度の合宿の機会を設けている医学部の予備校も珍しくありません。そこで、独学に限界を感じた時には、早い段階から身近なところにある通学制の医学部の予備校の特色を確認してみるのがおすすめです。